景光山くらしき不洗観音寺
不洗観音寺TOPページ ご祈祷rの種類と奉納料 観音寺縁起 祈祷ご案内 年間行事案内 戌の日カレンダー 三十三観音巡り
施設案内 観音さま 一生の祝事 交通ご案内 厄年早見表 Q&A 永代供養
赤ちゃんの初参り?

初参りは、お宮参りとも言い、神仏に赤ちゃんが無事に誕生したことを報告し、無病息災に成長できるようにお願いする行事です。古くは鎌倉・室町時代からある風習です。また、お産がけがれたものと考えられていた時代には、このお参りを「忌明け」として、けがれを払う意味もありました。

鎌倉・室町時代には、産着の色直しといって、それまで母子ともに白衣を着ていたのを元の色物の着物に戻し、吉日に神仏にお参りしたようです。


安産御守と御符

不洗観音寺、紫雲殿内のご祈祷所。
赤ちゃんの健康と幸せを願う、ご祈祷です

不洗観音寺での初参り特別祈祷

当山では、無事出産された母子の健康と、お子様の無病息災・家内安全を祈念して「初参り特別祈祷」を行っています。

赤ちゃんの「忌明け」は約1ヶ月。しかし産婦の「忌明け」は75日と いわれていたそうです。


生後31日、32日、33日に宮参りという説もありますが、この場合、産婦に無理をさせないために、
昔は祖母と赤ちゃんのみが参拝していたようです。

男の子・女の子共に、生後33日から、
100日くらいまでにご家族皆様で、お参りください。
赤ちゃんの体調が良く、産婦の体調が落ち着いた穏やかな日に、
ご家族皆様でご祈祷をおうけください。
母子共にすこやかでありますように、
ご家族皆様でご祈祷をうけて頂きます。

不洗観音寺での初参り特別祈祷

ご祈祷所に入っていただく時
ご祈祷所へ入って頂く時は、赤ちゃんは赤ちゃんのお母様が抱っこして先頭でお進みください。

 

赤ちゃんのお母様に着ていただく赤い衣(加持衣かじえ)は、観音様のご慈悲をいただくという意味があります。


前のひもをきちんと結んで着用なさってください。
御祈祷所では、まず観音様のご慈悲をお授けする儀式を行い、次に赤ちゃんの無事成長ならびに、お母様の肥立ちのご祈祷(母体の健康を祈る)をいたします。

ご家族の皆様は、観音様へのお礼と感謝の気持ちを併せ持って、お子さまの無事成長、家内安全を一心に願い、正座、合掌なさってご祈祷をお受けください。

ご祈祷には、20分程の時間がかかります。

健康上の理由により正座がご無理な方は、案内係にお申し出ください。ご祈祷所後方の椅子席にお座りいただきます。

ご祈祷所内では、帽子やコート等はお取りいただきます。

ご祈祷風景
数組のご家族が初参りのご祈祷を受けているところです。

お子様の額に朱色のおしるし
お子様の額に朱色のおしるしを付けます。これは「きゃ」と読み、ご本尊様のおしるしで「観音様の申し子」という意味です。

帽子は皆様(朱印が付きますので赤ちゃんも)お取りください。
朱印は衣服につくと、とれません。
赤ちゃんのお帽子は必ずおとりください。

各自ご持参のお祝い着(かけ着)は、ご祈祷中は、はずしておいて下さい。

お食い初め食器セット

 

 

 
TOP
最新情報
観音さま
施設案内
祈祷ご案内
一生の祝事
 
     
年間行事案内
交通ご案内
戌の日カレンダー
厄年早見表
三十三観音巡り
Q&A
 
               
Copyright©2004 景光山くらしき不洗観音寺All rights reserved.