景光山くらしき不洗観音寺
不洗観音寺TOPページ ご祈祷rの種類と奉納料 観音寺縁起 祈祷ご案内 年間行事案内 戌の日カレンダー 三十三観音巡り
施設案内 観音さま 一生の祝事 交通ご案内 厄年早見表 Q&A 永代供養

帯祝いの由来

妊娠五ヶ月目の最初の戌の日に、ご自宅で腹帯を巻いて妊娠を祝い、出産の無事を祈るのが帯祝いです。戌の日におこなうのは、犬は多産でしかもお産が軽いのにあやかろうというものです。
この帯を岩田帯といいますが、これは岩のようにたくましく、元気な子供が生まれるようにとの願いからつけられたものです。

別名「着帯祝い」とも言います。
この儀式自体はかなり古くからあり、「古事記」の記述にも見られます。

妊娠五ヶ月目と言えば、安定期に入ってひと安心する頃。おなかのなかで元気に動く赤ちゃんの胎動を感じて、母親になる喜びをしみじみと実感できるときです。
帯祝いには、ここまでくれば無事出産にこぎつけそうだという、お祝いの意味と安産の願いの両方が込められているのです。

帯を巻くことには、おなかを保温し、保護したり、胎児の位置を安定させて発育を助けるという働きもあります。
また、それと同時に、妊婦さんに母親としての自覚や、出産に対する心構えを持たせる効果もあります。

安産御守と御符

安産祈願をされた方に手渡される「安産御守」と「御符」、「本尊御手糸」。赤ちゃんが生まれるまで大切におまつりしてください。

腹帯

安産祈願を申し込んだ方には、住職が毎日ご祈祷した腹帯を販売致します。観音寺オリジナル・ポケット付きの腹帯もあります。受付へお申し出ください。

腹帯の役割は何ですか?腹帯のTPOは? 住職特別祈祷の腹帯

住職特別祈祷腹帯

不洗観音寺オリジナルポケット付き妊婦帯
カタログナンバー12クロスガードル綿98%タイプ
カタログナンバー10腹巻タイプ
カタログナンバー3電磁波シールド妊婦帯 カタログナンバー3電磁波シールド妊婦帯
使用上の注意
カタログナンバー11ループ付きご寿帯(さらし腹帯)
住職特別祈祷ループ付きご寿帯

さらしを着用しやすいように縫って、端をゴム編みにした帯です。巻き終わり部分を、はさみ込みやすいように三角形に縫ってあります。巻きくずれが少なく、綿素材のため、年中着用できます。
5ヶ月の帯祝いから臨月まで、そして、出産後の引き締めまでお使い頂けます。
※安産お札に付いているお守り袋を、ループに結び、帯へはさんで着用していただけます。
さらしを巻いた上からマタニティショーツをはけば、お手洗いの時も楽です。

さらし腹帯は安心のループ付き
さらし腹帯の巻き方


カタログナンバー8妊婦帯コルセットタイプ

ボディラインの変化に対応する多機能タイプ。二重仕立ての綿素材で肌ざわりが良く、冷え防止にも効果的です。
妊娠後期には補助腹帯を着けて、大きなお腹をしっかり支え、腹部を安定させてください。
特に真冬には、腹巻きの上から補助帯を付けてください。
保温効果がとても大きくなり安心です。

縫い目のない丸編みだから体にフィット
住職特別祈祷腹巻きタイプ


観音様の御初着
観音さまの御初着
綿100%

古来より、背中は身を守る要(かなめ)とされています。この「観音様の産着(うぶぎ)」は、「背守り(せまもり)」と「胸守り(むねまもり)」のおしるしを入れて特別にご祈祷したものです。
大切なお子さまの健やかな健康を願う気持ちを表した贈り物といえるでしょう。
この産着は、生後七日目の「お七夜(おしちや)《命名》祝い」の「袖通し(そでとおし)」の儀式にお使いいただいても宜しいです。


お祝いのしかた 

昔は、儀式用の紅白二筋の絹地に、普段用の白木綿一筋を重ねた祝い帯に、お赤飯などを添えて贈られました。両家の両親、仲人などを招き、子宝に恵まれている夫婦に「帯親」を頼み帯をつけてもらう、古くからの着帯の儀式もありますが、最近は、形式にこだわる方は少なくなっています。

大切なのは、妊娠したことを喜び合い、この先の安産を祈ること。形式にとらわれず、家族に心から祝ってもらえば良いのではないでしょうか。

現代では、安産祈祷に参拝し帯をいただいておいて、それを5ヶ月目の最初の戌の日にお母さんやご主人に締めてもらうような形で帯祝いをする方が多いようです。また、かかりつけの産婦人科の病院で、帯の巻き方を指導してくれるところもあります。

母親になる自覚をしっかりと持ち、安産を祈りながら、感謝の気持ちで着帯をしましょう。

不洗観音寺での安産祈祷

当山では、安産祈祷をうけられた方には「安産御守」と「御符」、「本尊御手糸」「肌守り」をお渡ししております。 竹にはさまれた「安産御守」は、おなかの赤ちゃんの無事な成長と 安産を祈願したお札ですから、これから先、赤ちゃんが誕生するまで 仏壇、神棚、床の間などの、粗末にならないところ、または、身近な少し高い場所、例えば机の上、ガラス戸棚の中などへおまつりし、朝夕、手を合わせて下さい。

お札を受けてお帰りになったら、まず「安産御守」と一緒に竹にはさんである 「御符」のなかから梵字(ぼんじ)を一字だけ切り取ります。そして、コップに水を入れ、一文字浮かべて水と共に飲んでください。

これは、胎内に観音さまを宿すという意味があり、 昔から伝わっているご祈願の方法です。 詳しいことは、安産お札の説明書に書いてあります。


お産について
つわりの時期に

 

 

 
TOP
最新情報
観音さま
施設案内
祈祷ご案内
一生の祝事
 
     
年間行事案内
交通ご案内
戌の日カレンダー
厄年早見表
三十三観音巡り
Q&A
 
               
Copyright©2004 景光山くらしき不洗観音寺All rights reserved.